フェイシャルフィットネスパオ

MENU

フェイシャルフィットネスパオで、もっときれいに

 

フェイシャルフィットネスパオ

 

私がフェイシャルフィットネスパオを始めたのは、誕生日に夫からプレゼントしてもらったことがきっかけです。夫は単身赴任中で多忙であり、しばらく会っていませんでした。

 

メッセージに「これできれいになって下さい」とあり、自分に自信のあった私にとって、夫のプレゼントは皮肉に感じていたのですが、友達に話してみると「もっときれいになれることを期待しているんじゃない?」と言われて、そうかもしれないとやる気になりました。

 

フェイシャルフィットネスパオは、表情筋を鍛える効果があり、顔を若々しく保てることに興味を持ちました。私は46歳で、46歳の女性としては自信があるのですが、今まで若く見られることはありませんでした。顔のたるみや、ほうれい線が目立つのは、40代であれば自然なことと思っていたので、あまり気にしたことはありません。

 

でも、フェイシャルフィットネスパオで、これらを改善できると分かり、とても嬉しくなりました。フェイシャルフィットネスパオは、最初にマウスピースをくわえます。このマウスピースは、唇より少し小さくできていて、口のまわりに程よく負荷がかかります。フィット感も良く、とても気に入りました。

 

バーを振る時は、最初はうまく振れませんでしたが、慣れてきました。肩に力を入れてしまうと、うまく振れないようで、最初に肩の力を抜くことを実践しています。また、振る速さにも気を付けています。1回30秒、18グラムのバランスウェイトを使い、ゆっくりと重さに慣れていきました。

 

23グラムのバランスウェイトにするまでに時間を掛けたのは、途中で重さに耐えきれず、挫折したくなかったからです。そのことが良かったようで、23グラムにしてからは、重さで耐えきれないということもなく、スムーズにトレーニングできました。

 

先日、夫が久しぶりに帰宅し、私を見て、「きれいになったな」と、とても喜んでいました。夫は、フェイシャルフィットネスパオで私にもっときれいになってほしいと思っていたそうです。私もフェイシャルフィットネスパオが大好きになりました。