フェイシャルフィットネスパオ

MENU

フェイシャルフィットネスパオで表情筋を鍛えました

 

フェイシャルフィットネスパオ

 

年齢を重ねたせいで、若い頃には気にならなかったさまざまなものが気になるようになりました。シミ、しわ、たるみ、ほうれい線、ハリのなさなど、悩みをあげたらきりがないほどです。スキンケア用品を良いものに変えたり、生活習慣を見直して食事を節制したり、運動を増やしたりしましたが、効果をほとんど実感できませんでした。

 

顔に若い頃のようなハリを取り戻したいと思い、いろいろ調べたところ、表情筋が重要だということがわかりました。表情筋は、目や鼻、口を動かす顔の筋肉で、60種類以上の筋肉をさします。表情筋は筋肉の端が皮膚とつながっていて、皮膚を直接動かし、表情を作ります。この表情筋、意識して使わないとどんどん衰えていくそうです。

 

皮膚とつながっていて、直接動かしているということは、表情筋の衰えは、顔の皮膚の衰えにつながってしまうのです。インターネットで調べると、たくさんの種類の表情筋トレーニング方法が掲載されていましたが、どれも効果が得られず、すぐにやめてしまっていました。

 

どうにかしないと、と思っていたときに、フェイシャルフィットネスパオの存在を知りました。フェイシャルフィットネスパオは、口にくわえるタイプのフィットネス用品です。これなら、洗えば家族みんなで使えるし、スキンケア用品と違って1度購入すればずっと使用できるので、購入を即決しました。

 

1回30秒を1日2回、合計1分間のトレーニングで表情筋が鍛えられると説明にあったので、まず30秒使ってみました。少し動かすだけで、大きなスウィングができますが、30秒続けるのは、結構大変でした。

 

改めて、自分の表情筋の衰えを実感しました。面倒だなと感じることもありましたが、コツコツ続けてみました。すると、たるみやほうれい線が少し気にならなくなったような気がします。また、ハリも少し取り戻すことができたような気もします。健やかな表情を生み出す表情筋、これからもフェイシャルフィットネスパオで鍛え続けていきます。